新着情報詳細

名前で叱っちゃだめ!?その理由って…

皆さんこんにちは!🌜☁💜

愛犬ちゅろすくんのしつけに絶賛奮闘中のスタッフちゃんです!!😂笑

 

うちの子はほんっとにいたずらっ子なんです!!🐶💦靴の中敷きを取ってぼろぼろにしたり、洗濯物を干してる最中に靴下を持ってったり…一日一回はちゅろすにダメでしょ!って言っている気が…💦

でも実は・・・叱る時に名前を呼んではいけないって知っていましたか?

 

今回、ダメな事は知っていても理由は知らなかったスタッフちゃんと一緒にその理由をしっかりお勉強していきましょう!😤📚

 

◎そもそもわんちゃんにとって名前の存在って?

 

まず第一に飼い主様にわかって頂きたいこと、それはわんちゃんにとって名前という概念はないということです❕❕

どういうこと!?じゃあ呼んだら来る場合って何で!?って思いましたか?

 

人間は当たり前のように自分の中に”名前”という認識があり、”名前”を呼ばれることで自分のことを指しているんだと理解することができる他、”名前”単体で呼ばれた場合でも反応することができますよね。

しかしわんちゃんの中には”名前”という概念がないので、呼ばれた時は自分の名前を呼ばれた!なに!

ではなく…”このあと自分に何か起こるんだ!”という認識になります💡

 

つまり飼い主様たちにとって、名前を呼んだあとに出す指示が重要になっていきます❕❕

 

◎名前を呼ばれた時=嬉しい事がある時に結び付けよう!

それならどういう指示なら名前を呼んでいいの?と思ったそこのアナタ!!

その答えはとてもシンプル✨

”名前”を呼んだあとの言動₍指示₎がわんちゃんにとってプラスな言動の時!!

 

名前を愛犬にとって嫌な言葉にはしたくないですよね…(´;ω;`)💦

わんちゃんの中で名前を呼ばれたときはいいことがあるんだ!という認識にするために、名前を呼んだあとに飛び切りの笑顔と一緒に全力で褒めてあげたりおやつをあげたりすると

あ!名前を呼ばれた時はいいことがあるんだ!💓と名前を呼ばれる事にプラスなイメージがついていき、呼んだら来てくれるようにもなっていきます😊

 

叱る時に名前を呼ぶのはダメ!!

 

さて、、、ここまできたらタイトルの理由はもうわかりますよね!!<(`^´)>

そうです!叱る時に名前を呼んでしまうと、名前を呼ばれたら嫌な事が起きる…という認識になり

名前を呼ばれても反応しなくなってしまい、頭の中では嫌なことされる!やだ!でいっぱいに…🙅💦

 

そのため、叱る時は名前を呼ぶのではなく「ノー」「ダメ!」などの言葉と共に怒ってるんだよ!だめなんだよ!という表情で伝えることが大切です。

その他にも、いたずらしている対象物をさっと手に取って片付けたりすることも効果的です❕❕

 

これらの点に気を付けてわんちゃんに向き合えば時間はかかってもちゃんと理解してもらえるようになります😉✨

 

◎まとめ

いかがでしたか?

わんちゃんとしっかりした信頼関係を築くためにも、名前は愛犬にとっても飼い主様にとっても大切なものだから嬉しい言葉として印象付いてくれたら嬉しいですよね💓

皆様も、是非参考にしながら根気強く愛犬と頑張ってみてください✨

おうちに帰ったらちゅろすにも早速実践してみようーっと😏