ワンちゃん図鑑

パピヨンPapillon
生まれた国:フランスフランス
  • パピヨン
  • ワンちゃんの個性

    パピヨン

コメント募集中

  • 特徴

    体重
    オス:2~4kg メス:2~4kg
    毛質
    長毛で、絹状のシングルコート
    毛色
    白地に黒や茶、レモン、セーブルなどさまざまな色がある
    大きさ
    体高
    オス:20~28cm メス:20~28cm
  • ワンちゃんの適性

    • ワンちゃんの適性
性格
パピヨンは明るく活発で、遊びが大好きな性格。動作は俊敏。小型犬ながらも、自己主張が強く勇敢で、プライドが高くわがままなところもあります。かわいらしいため、甘やかされてしまうことも多いようです。しかし、賢い犬なので、きちんとしつけをすれば、とても友好的で愛される性格に育ちます。
家族の雰囲気を察し、賢く振る舞うようなこともありますが、あまり行き過ぎると神経質になってしまうこともあります。
日常のお世話
パピヨンの特徴である美しく長い被毛をは、毎日のお手入れが大切です。ブラッシングはできるだけこまめに行いましょう。手入れをしないと毛玉ができてしまい、放っておくとブラシを通すことも難しくなってしまいます。トリミングは特に必要ありません。入浴は、月に2?3回は行ってあげましょう。
小さな体のパピヨンですが、とても活発です。運動量としては室内運動でも十分ですが、気分転換のためにも、散歩はしっかり行ってあげましょう。一緒にドッグスポーツを楽しむこともでき、中には訓練競技会に出場する犬もいます。
賢く甘えん坊なパピヨンは、まわりの状況に敏感に反応して、神経質になってしまうこともあります。小さい頃から甘やかしすぎず、きちんとしつけをしましょう。ドッグスポーツや訓練などを通じていろいろな経験をさせ、自信を持たせることで、落ち着いた犬に育っていきます。
また、小型犬の特徴として、あごや歯が小さいことがあります。小さな虫歯でもすぐに歯が悪くなってしまいます。また、歯石がつくと口臭の原因になりますので、歯磨きも積極的にしてあげましょう。
歴史・起源
かわいらしい見た目で人気のあるパピヨンですが、その起源は定かではありません。パピヨンの祖先となった犬は、スペイン原産のトイ・スパニエルと考えられており、イタリアのボローニャ地方で繁殖されたと考えられています。
16世紀には、イタリアのボルグナを経由してフランス国内に入り、王室や貴族たちに愛されていたとされているパピヨン。中世の王室や貴族が描かれた絵画には、パピヨンもモデルとして時々登場しています。王妃マリー・アントワネットの愛した犬としても知られていて、処刑台に上がる直前までパピヨンが一緒にいたと言われています。
当時のパピヨンは、耳よりも華やかな尻尾に注目されていて、スカーレル(リス)・ドッグやスカーレル・スパニエルなどと呼ばれていました。当時は垂れ耳タイプ(現在のファーレン)が多く生まれていたようです。
現代で一般的となっている耳が立ったタイプのパピヨンは、18世紀末頃から選択的に交配されて、増えていくようになりました。19世紀頃には、イタリアやフランスに続いて、ベルギーでも繁殖が始まっています。
立ち耳のスピッツと交配して、蝶のような大きな立ち耳となり、チワワと交配して小型化して洗練された姿となってから、人気が高まっていきました。そのため、現在の姿のパピヨンは、ベルギーを原産とするという考えもあります。
この頃からようやく、パピヨンという名前で呼ばれるようになりました。フランス語で「蝶」を意味する言葉が由来となっています。一方で、垂れ耳のパピヨンはファーレン(フランス語で蛾という意味)と呼ばれていますが、どちらも同じ犬種として認められています。犬種としては、1935年にアメリカケンネルクラブに認定されました。
気をつけたい病気
気管虚脱、膝蓋骨脱臼難聴、心肥大、膝蓋骨脱臼、緑内障や結膜炎・白内障などの目の病気、逆さまつ毛、水頭症、骨折

我が家のワンちゃん・ネコちゃんの情報を投稿する


※投稿にはお時間がかかります。あらかじめご了承下さい。