ワンちゃん図鑑

ミニチュア・ダックスフンドMiniature Dachshund
生まれた国:ドイツドイツ
  • ミニチュア・ダックスフンド
  • ミニチュア・ダックスフンド
  • ワンちゃんの個性

    ミニチュア・ダックスフンド

  • 特徴

    体重
    オス:4~6kg メス:4~6kg
    毛質
    短毛のスムース、長毛のロング、少しウェーブのかかった剛毛のワイヤー
    毛色
    ブラック、ブラック&タン、チョコレート、レッド、クリームなど
    大きさ
    体高
    オス:12~27cm メス:12~27cm
  • ワンちゃんの適性

    • ワンちゃんの適性
性格
ミニチュア・ダックスフンドは、とても明るくて温和な性格。陽気で好奇心が強く、非常に活発で、遊ぶことが大好きです。賢さも備えており、状況をきちんと見て判断することができます。番犬としても優秀な犬です。
少し頑固なところもありますが、順応性は高く、比較的トレーニングは受け入れやすい性格をしています。
もともと猟犬だったミニチュア・ダックスフンドは自立心がありますので、甘やかしすぎると扱いにくくなってしまうので、注意してください。また、吠え癖が一度ついてしまうと、集合住宅などでは飼いにくくなってしまいますので、しっかりしつけをするようにしましょう。
日常のお世話
ミニチュア・ダックスフンドの被毛は、ダブルコート。毛の生え変わりの時期は、抜け毛が多くなります。ワイヤーヘアとロングヘアーの子は、できれば毎日、少なくとも週に2~3回以上はブラッシングやコーミングをするようにしてください。シャンプーも月に1回は行うようにしましょう。スムースの子も、ブラッシングは定期的に行ったほうが良いです。あたたかい濡れタオルなどで全身を拭くのも良いでしょう。また、スムースは寒さに弱いので、衣類を着せるなどの工夫も必要です。小さい体をしたミニチュア・ダックスフンドですが、元は猟犬なので、見かけによらず活発で運動量が多いです。また、近年、ミニチュア・ダックスフンドは肥満化する傾向が強くなっているので、日頃から運動させるように心がけましょう。1日1時間程度の散歩や、ボールなどのおもちゃを使った遊びなどを行ってあげてください。また、ダックスは体の特性上、腰を痛めやすい犬種です。ベッドや椅子から飛び降りるなどの行動は避けるようにしましょう。家族に対しては、とても愛情深く接するミニチュア・ダックスフンド。しかし、他の人や犬に対しては警戒心を持ち、神経質になってしまうこともあります。子犬のうちから社会性を身につけさせるようにしたほうが良いでしょう。また、甘やかしすぎると飼い主の言うことを聞かなくなることもあるので、しっかりとしつけをしていくことも大切です。
歴史・起源
カニンヘン・ミニチュア・スタンダードと体の大きさで3種類に分けられているダックスフンド。作出されたのは中世の頃のドイツで、アナグマ狩りのために作出されたと言われています。名前の「ダックス」は、アナグマという意味があります。あくまで、ダックスフンドの中で3サイズあるというわけで、ミニチュア・ダックスフンドという正式な犬種があるわけではありません。3種類の中でもミニチュア・ダックスフンドは、より巣穴の中で動き回りやすいよう、また、ウサギやテン、イタチなどの小動物の狩りもできるようにと、さらに小型化して改良されたものです。現在では、猟犬として活躍するよりも、その姿のユニークさや明るい性格が好かれ、家庭犬として人気がある犬です。日本でも、人気のある犬種として、毎年ベスト3に入るほどです。ダックスフンドとバセット・ハウンドは祖先が同じであるとされていて、どちらも今から数百年前にはドイツで誕生していました。大型のものをバセット・ハウンド、小型のものをダックスフンドと分けて発展してきたものと考えられています。原産国であるドイツでは、ダッチやテッケルと呼ばれていました。1888年には、すでに愛好家の間でクラブが設立されています。
気をつけたい病気
椎間板ヘルニア、ナルコレプシー、類皮腫、 瞳孔膜遺残、進行性網膜萎縮、パターン脱毛、糖尿病、皮膚組織球腫、熱中症、てんかん

我が家のミニチュア・ダックスフンド情報

ミニチュアダックスフンドのロングヘアーですメスです(o^-^o) 今月で3歳になりました~☆★(*^▽^*)

我が家のワンちゃん・ネコちゃんの情報を投稿する


※投稿にはお時間がかかります。あらかじめご了承下さい。