ワンちゃん図鑑

イングリッシュコッカースパニエルEnglish Cocker Spaniel
生まれた国:イギリスイギリス
  • イングリッシュコッカースパニエル
  • イングリッシュコッカースパニエル
  • ワンちゃんの個性

    イングリッシュコッカースパニエル

  • 特徴

    体重
    オス:12~15kg メス:11~15kg
    毛質
    短めの毛でゆったりとしたカール
    毛色
    白に斑が入ったもの、レッド、オレンジ、レモン、ブラック&タンなど
    大きさ
    体高
    オス:40~43cm メス:38~40cm
  • ワンちゃんの適性

    • ワンちゃんの適性
性格
イングリッシュコッカースパニエルは、明るく陽気で人懐っこい性格。元気で体力があり、遊ぶことが大好きです。子どもともよく遊び、優しい犬としても知られています。飼い主や家族に対しては従順で愛情深く、少し繊細なところはありますが、環境の変化に対しても適応することが可能です。
スピードや持久力を持った犬なので、フィールド・ドッグとしても適しています。
日常のお世話
猟犬としての能力が残されているイングリッシュコッカースパニエルは、とても多くの運動量が必要になります。散歩は少なくとも1日に1時間以上のは行い、ボール遊びなどを取り入れたり、ドッグランなどで自由に走り回らせてあげたりすると良いでしょう。
イングリッシュコッカースパニエルの被毛はダブルコートで、換毛期に抜け毛が多くなります。週に最低2?3日、できれば毎日ブラッシングを行い、散歩や運動後は特に念入りにしてあげてください。また、垂れ耳なので外耳炎が起こりやすいです。定期的に耳掃除を行いましょう。小さい頃から耳に触られるのに慣らしておいてください。
イングリッシュコッカースパニエルは賢くて従順な犬なので、しつけはしやすいです。激怒症候群という先天性疾患を持っている個体がいるので、疾患かどうかの区別をつけるためにも、小さいうちから訓練を行いましょう。
歴史・起源
イングリッシュコッカースパニエルは、イギリス原産のスパニエル種の中でももっとも古い犬種です。残っている記録では、8世紀初めのウェールズ王の法典に、スパニエルという言葉が出てきたのが最初です。このスパニエルは、現在のスパニエルの祖先と考えられています。
イングリッシュコッカースパニエルは17世紀ごろ、イギリスのウェールズ地方で野鳥のヤマシギの猟を行っていた犬。シギ(コック)の猟を行う犬という意味を込めて、コッカーと呼ばれるようになりました。
アメリカンコッカースパニエルの祖先となったと言われていますが、1892年にイギリスで、この2種は別の犬種として認定されています。アメリカでも1946年に別々に公認されています。
アメリカでは愛玩犬として改良が進められ、猟犬らしさをそぎ落とす試みがされましたが、イギリスの愛好家たちはこれに反対。両者の意見はまとまらず、アメリカで繁殖されたコッカーたちは、アメリカンコッカースパニエルとして独立し、別々の後任となったのです。
アメリカ以外の国では、コッカースパニエルというとイングリッシュコッカースパニエルのことをさします。日本では略して「インギー」と呼ばれることが多いです。
気をつけたい病気
皮膚疾患,、糖尿病、肝臓疾患、B型血友病、角膜炎、水晶体脱臼、緑内障、慢性腎不全

我が家のワンちゃん・ネコちゃんの情報を投稿する


※投稿にはお時間がかかります。あらかじめご了承下さい。