ワンちゃん図鑑

ウェルシュ・コーギー・カーディガンWelsh Corgi Cardigan
生まれた国:イギリスイギリス
  • ウェルシュ・コーギー・カーディガン
  • ワンちゃんの個性

    ウェルシュ・コーギー・カーディガン

  • 特徴

    体重
    オス:11~17kg メス:11~17kg
    毛質
    短毛かセミロング
    毛色
    さまざまな色がある
    大きさ
    体高
    オス:26~32cm メス:26~32cm
  • ワンちゃんの適性

    • ワンちゃんの適性
性格
ウェルシュコーギーカーディガンは、活動的で遊び好きな性格。動作は機敏で、体のわりには大胆にふるまいます。小さな体を感じさせない。飼い主に対しては従順なところを見せますが、警戒心が強く、初めて会う人や犬は苦手です。
日常のお世話
ウェルシュコーギーカーディガンは、その見た目によらず、かなりの運動量が必要です。1時間以上の散歩を1日に2?3回は行うようにしましょう。歩くだけでなく、ランニングも入れるとさらに良いです。運動量が少ないと、ストレスがたまって体調不良になったり、攻撃的になったりすることもあるので、注意が必要です。
被毛は短毛のダブルコートで、換毛期には抜け毛が見られます。ブラッシングは週に2?3回は行い、シャンプーは月に1度ほど行うと良いでしょう。
牧畜犬として、牛の足を噛んで動きをコントロールしていた名残で、人の足を気にして噛んでしまうことがあります。小さいうちから噛まないようにしつけをしましょう。屋外でも飼育は可能ですが、室内で飼育する方がおすすめです。
歴史・起源
ウェルシュコーギーカーディガンは、ペンブロークよりも歴史の古い犬。3000年以上前に、中央ヨーロッパのケルト族がイギリスのウェールズに持ち込んだ犬と考えられています。別の説では、ダックスフンドと同じ祖先だとも言われているようです。名前は、ウェールズのカーディガンシャー地方に由来しており、古くから牧畜犬として働いていました。
見た目が似ているカーディガンとペンブロークですが、祖先犬は異なってます。ペンブロークは断尾してきた経緯があるため、尾が短く耳の先端が尖っているのが特徴。それに対してカーディガンは、尾が長く耳の先端が丸いです。また、体の大きさはペンブロークよりも大きく、毛色も茶と白の組み合わせ以外に、黒やブリンドルなども認められています。
1925年頃にその存在が表面化した、ウェルシュコーギーカーディガン。1933年にはジョージ6世がペットとして飼育していたことがきっかけとなり、広く知られるようになりました。当時はペンブロークと同じ犬種と考えられており、互いに交配することもあったようです。しかし、体の特徴が違うために同じスタンダードで評価することが困難になったため、1943年に別の犬種として登録されることになりました。これ以降、日本や海外でも別々の犬種とされています。
気をつけたい病気
股関節形成不全、進行性網膜萎縮症、椎間板ヘルニア

我が家のワンちゃん・ネコちゃんの情報を投稿する


※投稿にはお時間がかかります。あらかじめご了承下さい。