ワンちゃん図鑑

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークWelsh Corgi Pembroke
生まれた国:イギリスイギリス
  • ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
  • ワンちゃんの個性

    ウェルシュ・コーギー・ペンブローク

  • 特徴

    体重
    オス:10~12kg メス:10~11kg
    毛質
    シルク状の毛
    毛色
    レッド、セーブル、フォーン、ブラック・アンド・タン
    大きさ
    体高
    オス:25~30cm メス:25~30cm
  • ワンちゃんの適性

    • ワンちゃんの適性
性格
ウェルシュ・コーギー・ペンブロークは、愛情が深くて、明るい性格。活発で遊ぶことが好きで、ほかの人や犬ともすぐに親しくなることができます。もともとは牛を追い集める仕事をしていたため、今でも大きな声で吠えてしまう個体も中にはいます。
日常のお世話
ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの被毛は短毛のダブルコート。下毛が密集していて、換毛期には抜け毛が見られます。ブラッシングは週に2?3回は行ってあげましょう。シャンプーは、1月に1度程度は行ってあげてください。
攻撃的なところはあまりない犬種ですが、ストレスで攻撃的になってしまうことがあります。運動はしっかりと行い、小さい頃からしつけを通してコミュニケーションをとるようにしましょう。
牧畜犬だった特製のため、人の足を気にして噛むこともあるようです。小さい頃から噛まないように教えてあげるようにしましょう。
歴史・起源
12世紀ごろに、イギリス・ウェールズ州のペンブロークシャーで誕生したと言われている、ウェルシュ・コーギー・ペンブローク。ウェルシュ・コーギー・カーディガンとよく似た犬種ですが、祖先はまったく異なります。
1107年、イギリスの国王ヘンリー1世によって、チャンネル諸島からウェールズ州に移住した人たちとともにきた犬が祖先とされています。当初は牧畜犬として活躍しており、土着犬のスピッツなどと交配されて、改良が進んできました。その後、ヘンリー2世の時代には繁殖家が改良を進め、現在の姿に近い形になったようです。以来、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークは、代々長い間イギリス王室で愛されてきました。
当時はペンブロークもカーディガンも同じコーギー種として考えられていましたが、1943年、イギリスケンネルクラブで別の犬種として登録されました。それ以来、イギリス以外の国でもペンブロークとカーディガンは別の犬種として認定されています。
気をつけたい病気
特発性顔面神経炎、筋ジストロフィー、骨軟骨異形成、椎間板疾患、変形性脊椎症

我が家のウェルシュ・コーギー・ペンブローク情報

こーぎー犬を今すぐ買いたいです。 お母さんが買ってくれる、良い日を待ち受けてます。

我が家のワンちゃん・ネコちゃんの情報を投稿する


※投稿にはお時間がかかります。あらかじめご了承下さい。