ワンちゃん図鑑

ウエストハイランドホワイトテリアWest Highland White Terrier
生まれた国:イギリスイギリス
  • ウエストハイランドホワイトテリア
  • ワンちゃんの個性

    ウエストハイランドホワイトテリア

コメント募集中

  • 特徴

    体重
    オス:7~10kg メス:7~10kg
    毛質
    硬めの上毛と柔らかめの下毛
    毛色
    ホワイト
    大きさ
    体高
    オス:25~30cm メス:22~25cm
  • ワンちゃんの適性

    • ワンちゃんの適性
性格
ウエストハイランドホワイトテリアは、活発で陽気な性格。遊びが好きで、家族といるときは好奇心旺盛な面を見せます。飼い主には忠誠心が強く、甘えん坊ですが、わがままで飼い主を困らせてしまうときもあります。
家族にはそのような面を見せますが、知らない人や動物には、警戒心を見せることも。小動物に対しては、あまり有効的ではありません。勇敢で負けず嫌いなテリア気質を持っているので、気に入らない相手には攻撃的になってしまうこともあります。番犬としては最適です。
少し頑固な面もあるウエストハイランドホワイトテリアは、自分の思ったことをあまり曲げないことも多いです。ときどき吠えたり、地面に穴を掘ったりもします。しつけは少し大変かもしれませんが、根気よく行っていきましょう。
日常のお世話
白い被毛が特徴である、ウエストハイランドホワイトテリア。全体的に剛毛なので、週2~3回はブラッシングやコーミングをするようにしましょう。シャンプーは月に1回は行うようにしてください。トリミングやスリッピング(毛を抜くこと)は定期的に行い、尻尾の裏の毛は特にきちんと行うようにしましょう。
ウエストハイランドホワイトテリアは活発で、運動することが好きな犬種。できるだけ毎日散歩をしたり、十分に遊んであげたりしましょう。
わがままで警戒心が強いところがあるので、しつけは少し難しいかもしれません。プライドも高く気が強いので、強く叱ると信頼関係を作るのが難しくなってしまいます。褒めることを大切にしながら、根気強く行うようにしてください。
子犬のころから、社会性が身につけられるように工夫することが大切です。ほかの犬とコミュニケーションをとる機会をつくって、攻撃心や警戒心を緩めるようにしましょう。
小動物とは相性が良くなく、追いかけてしまうことがあります。放し飼いはしないようにしましょう。また、子どもとの相性も選びます。嫌がることをされたり、しつこくかまわれたりすると、反撃してしまうこともあるので注意しましょう。
歴史・起源
「ウェスティー」の愛称で親しまれている、ウエストハイランドホワイトテリア。原産国のイギリスだけでなく、アメリカでもとても人気があって、人気ランキングベスト10入りの常連です。そんなウエストハイランドホワイトテリアの歴史は新しく、犬種として登録されたのは20世紀になってからのことです。
ウエストハイランドホワイトテリアの祖先は、イギリス・スコットランド地方で飼われてきたテリアたちで、スコティッシュテリア、ダンディ・ディンモントンテリア、スカイ・テリア、ケアーンテリアなど、スコットランドのテリア種だったと言われています。
詳しくは、スコティッシュテリアやケアーンテリアからときどき生まれてくる、白色の個体を選別し、固定したものが起源であるとさられています。この選抜繁殖が行われた土地の名前から、当初は「ポルタロッチテリア」と呼ばれていました。
その後、アメリカに渡ったポルタロッチテリア。「ローズニーズテリア」という名前に変わり、1960年代から人気が出るようになりました。1908年にアメリカケンネルクラブに登録され、翌年に現在の「ウエストハイランドホワイトテリア」の名前に改名されています。
アメリカでは以前、ケアーンテリアとウエストハイランドホワイトテリアの交配が行われていました。虚弱体質のものが多く、犬種の健全性を保つために必要なことだったのです。しかし、1917年には犬種として固定され、遺伝疾患のリスクも低下したと判断されたため、ケアーンテリアとの交配は禁止となりました。
気をつけたい病気
アトピー、慢性肝炎、異所性尿管、乾性角結膜炎、レッグ・カルベ・ペルテス病、先天性魚鱗癬、副腎皮質機能低下症、マラセチア皮膚炎

我が家のワンちゃん・ネコちゃんの情報を投稿する


※投稿にはお時間がかかります。あらかじめご了承下さい。