ワンちゃん図鑑

オールドイングリッシュシープドックOld English SheepDog
生まれた国:イギリスイギリス
  • オールドイングリッシュシープドック
  • ワンちゃんの個性

    オールドイングリッシュシープドック

コメント募集中

  • 特徴

    体重
    オス:38~41kg メス:35~38kg
    毛質
    粗めの長毛
    毛色
    グレー、グリズル、ブルーのさまざまな色合い
    大きさ
    体高
    オス:58~61cm メス:56~58cm
  • ワンちゃんの適性

    • ワンちゃんの適性
性格
オールドイングリッシュシープドッグは陽気な性格で、穏やかさも合わせ持った犬。人に慣れやすく、思いやりにあふれていて、子どもやほかの犬とも仲良くすることができます。ときにはやんちゃな面を見せたり、その一方では飼い主のことをよく見て行動するという、賢い面も見せたりします。
とても愛情深いオールドイングリッシュシープドッグは、年月を重ねていくにつれて、より家族になれ親しむことができる、家庭向きの犬です。
日常のお世話
大型犬のオールドイングリッシュシープドッグは、かなりの運動量を必要とします。少し太りやすい傾向もあるので、散歩は1回1時間以上、1日に2回は行くのが望ましいです。特に若いうちは、ボール遊びなどの遊びも多く取り入れるようにしてください。広い場所で走り回らせてあげるのも良いでしょう。
オールドイングリッシュシープドッグの被毛は、長くて量の多いダブルコート。換毛量も多いため、手入れは大変です。週に3?4回以上はコーミングやブラッシングを行いましょう。毛が柔らかいために、ホコリやゴミがくっつきやすいです。放っておくと、毛玉ができてしまいます。入念に行ってあげてください。シャンプーも定期的にしてあげてください。
顔の毛を伸ばしていることが多い犬ですが、あまり長くなるようならゴムなどで止めたり、分け目をつけたりして、視界をしっかりと確保してあげましょう。暑い夏は苦手なので、涼しいところで飼育してください。
穏やかな性格のオールドイングリッシュシープドッグですが、かつては気性の激しい系統がありました。その影響で頑固な面は残っているので、しつけはしにくいこともあります。しつけ不足になると飼いにくくなってしまいますので、子犬の頃からしっかりとしつけを行っていきましょう。
歴史・起源
ぬいぐるみのような外見をした、オールドイングリッシュシープドッグ。頭文字をとって、「OES」と略して呼ばれることも多い犬です。その名前から古い犬種のような印象を受けますが、実際の歴史は比較的新しいです。初めてその姿が確認されたのは、18世紀後半から19世紀ごろに書かれた文献になります。
誕生した経緯は、より歴史の古いベアデットコリー、イギリスに土着していた犬、ヨーロッパやロシア由来の犬などが交配されてきたものと考えられていますが、はっきりとはしていません。
オールドイングリッシュシープドッグは、別名、ボブテイル(短い尻尾という意味)と呼ばれています。しかし、もともと尻尾が短かったわけではなく、人の手によって断尾されてきたのです。その理由は、牧羊犬や牧畜犬として活躍していたことにあります。
オールドイングリッシュシープドッグという名の通り、牧羊犬・牧畜犬として活躍してきました。19世紀ごろのイギリスでは、牧畜犬などの作業に従事する犬は、税金が免除されていました。そのため、作業犬である目印として、短く尻尾を切られていたのです。そこから、ボブテイルという呼び名がつけられるようになりました。
オールドイングリッシュシープドッグが初めてドッグショーに出展されたのは、1873年のこと。19世紀末にはアメリカに輸出されるようになり、20世紀になると、人気犬種のひとつとなりました。ミュージカル映画「アニー」にも登場しています。
日本では、通称「ムク犬」として幅広く親しまれている、オールドイングリッシュシープドッグ。日本や海外で企業CMに採用されたり、マスコットキャラクターとしても活躍するなど、現在も安定した人気を誇っています。
気をつけたい病気
股関節形成不全、外耳炎、皮膚疾患、胃捻転、網膜異常形成、白内障、聴覚障害

我が家のワンちゃん・ネコちゃんの情報を投稿する


※投稿にはお時間がかかります。あらかじめご了承下さい。