ワンちゃん図鑑

カニンヘンダックスフンドKaninchen Dachshund
生まれた国:ドイツドイツ
  • カニンヘンダックスフンド
  • ワンちゃんの個性

    カニンヘンダックスフンド

  • 特徴

    体重
    オス:3~4kg メス:3~4kg
    毛質
    短毛のスムース、長毛のロング、少しウェーブのかかった剛毛のワイヤー
    毛色
    単色はレッド、レディッシュ・イエロー、イエロー。 バイカラーはブラック&タン、ブラウン&タンまたはブラック&イエロー、ブラウン&イエロー。 混色はダップル、タイガーブリンドル、ブリンドル。 ワイヤーは、ワイルドボア、枯葉色の単色も公認されている。
    大きさ
    体高
    オス:18~21cm メス:18~21cm
  • ワンちゃんの適性

    • ワンちゃんの適性
性格
カニンヘンダックスフンドは元気があって陽気な性格。好奇心が強く、やんちゃで気の強い性格です。遊ぶことも大好きで、しつけにもよく反応してくれます。少し頑固なところもありますが、飼い主に従順で、子どもとも仲良くすることができます。とても誠実な犬種なので、番犬としても優秀な犬です。
日常のお世話
カニンヘンダックスは、とても活発で体を動かすのが大好きです。体のサイズは小さいですが、1日に1時間くらいは散歩などの運動させてあげると良いでしょう。遊ぶことも大好きなので、散歩が難しい日は、室内でおもちゃを使って遊んだり、ゲームをしたりしてたっぷり遊んであげましょう。
ただし、胴長な体をしているので、背中の損傷を防ぐために、ベッドや椅子から飛び降りるようなことは避けるようにしてください。
カニンヘンダックスの被毛は3種類ありますが、基本的にはほとんどダブルコートです。ロングヘアーとワイヤーヘアーは、週に2回以上はブラッシングやコーミングをしてあげてください。スムースヘアーは手入れは楽ですが、気候の影響を受けやすいです。衣類の着用などで調整してあげましょう。
家族に対しては、とても愛情深いカニンヘンダックス。ほかの人や犬に対しては、距離を置いたりすることもあります。相性が悪いと相手に吠えてしまうことも。小さいうちから社会性を身につけさせるため、ドッグランや公園などに連れ出すと良いでしょう。
もとは猟犬のカニンヘンダックス。賢いのでしつけの覚えは良いですが、猟犬であることを念頭に置いて、しつけや訓練を行いましょう。
歴史・起源
カニンヘン・ミニチュア・スタンダードと体の大きさで3種類に分けられているダックスフンド。作出されたのは中世の頃のドイツで、アナグマ狩りのために作出されたと言われています。名前の「ダックス」は、アナグマという意味があります。あくまで、ダックスフンドの中で3サイズあるというわけで、ミニチュア・ダックスフンドという正式な犬種があるわけではありません。
ダックスフンドとバセット・ハウンドは祖先が同じであるとされていて、どちらも今から数百年前にはドイツで誕生していました。大型のものをバセット・ハウンド、小型のものをダックスフンドと分けて発展してきたものと考えられています。原産国であるドイツでは、ダッチやテッケルと呼ばれていました。1888年には、すでに愛好家の間でクラブが設立されています。
カニンヘンダックスフンドが小さく作られたのは、獲物の中でももっとも小さいウサギを狩るため。ドイツでは、ラピット(ラビット)ダックスとも呼ばれています。
小さいことで愛玩犬向きと思われがちな、カニンヘンダックス。現代でもダックスを猟犬と考えているドイツでは、カニンヘンが最も「猟に対して情熱的」としているほど。大きなエネルギーを持った小さな体で、活発に動くことこそカニンヘンらしさなのです。
歴史上、ミニチュアダックスとカニンヘンダックスのサイズ固定が始まったのは、19世紀になってからとされています。戦時中は多くの犬たちが犠牲になり、純血種の作出がストップ。ダックスフンドは人気が低下するとともに、雑な繁殖や極端な近親交配が目立つようになったため、犬種としての質が低下してしまいました。
そこで1910年頃から、ミニチュアとカニンヘンの改良を目的として、一時的に他犬種による交配が行われることとなりました。スタンダードダックスを土台にして、スムースにはミニチュアピンシャー、ロングヘアーにはパピヨン、ワイヤーヘアーにはミニチュアシュナウザー、という交配が行われたのです。
こうして行われた交配の影響は、その後のダックスにも少しずつ表れています。スムースは気が強く繊細、ロングヘアーは活発で愛想が良い、ワイヤーヘアーは賢く服従性が高いという傾向が出ることも多いようです。
気をつけたい病気
椎間板ヘルニア、熱中症

我が家のワンちゃん・ネコちゃんの情報を投稿する


※投稿にはお時間がかかります。あらかじめご了承下さい。