ワンちゃん図鑑

サモエドSamoyed
生まれた国:ロシアロシア
  • サモエド
  • ワンちゃんの個性

    サモエド

  • 特徴

    体重
    オス:25~32kg メス:25~32kg
    毛質
    まっすぐで硬い長毛
    毛色
    ホワイト、クリーム、ホワイトにビスケット色
    大きさ
    体高
    オス:50~60cm メス:50~60cm
  • ワンちゃんの適性

    • ワンちゃんの適性
性格
サモエドは、優しくて穏やかな性格。活動的で知的なところもあり、人に対しても犬に対してもフレンドリーに接することができます。辛抱強く落ち着いているので、子どもの遊び相手にもなれます。訓練はよく覚えることができますが、人見知りをしない犬なので、番犬としてはあまり役に立ちません。
日常のお世話
とても体力があって、遊びが好きなサモエドは、かなりの運動量が必要です。散歩は毎日1時間以上は行いましょう。暑さには少し弱いので、夏は朝夕の涼しい時間に運動させるようにしてください。ドッグランなど、広い場所での運動も取り入れましょう。
サモエドの被毛はダブルコートで、換毛期には多量の抜け毛が見られます。週に2?3回はブラッシングやコーミングを行ってください。爪は短い状態を保つようにし、歯や耳の手入れもしてあげましょう。
従順な性格なのでしつけはしやすく、留守番もすることができます。しかし、遊び好きな性格のため、退屈になるとイタズラをしてしまうかもしれません。小さい頃から服従訓練をしっかりと行い、散歩以外にも遊ぶ時を作ってあげましょう。"
歴史・起源
真っ白な姿が特徴的なサモエドは、ロシアのツンドラ地方で、遊牧民のサモエド族と暮らしていた犬。トナカイの牧畜犬や、クマ狩りの猟犬、ソリ犬など多くの場面で活躍し、サモエド族を支えてきました。サモエドの別名はシベリアン・スピッツで、性質や体型、被毛など、スピッツらしい特徴を引き継いでおり、ほかの犬種からの影響が少ない原始的な犬です。
19世紀にイギリスに持ち込まれたサモエドは、繁殖と改良が進められていきました。当時は今のような真っ白な個体だけではなく、黒やブラウンなどの被毛の個体もいたそうです。しかし、イギリスでは白い被毛が好まれたため、選択繁殖を繰り返した結果、白いサモエドばかりになっていきました。
1909年には、犬種として最初のスタンダードが作成され、1912年にはイギリスケンネルクラブで公認されました。サモエドは現在でも、北極や南極ではソリを引く犬として活躍しています。
日本では、このサモエドにジャーマン・スピッツを交配して日本スピッツが誕生し、一時人気となりました。しかし、ジャーマン・スピッツの騒々しさを受け継いでいたために人気は低下し、近年ではサモエドの方が人気が高まっています。
気をつけたい病気
股関節形成不全、胃捻転、進行性網膜萎縮症

我が家のワンちゃん・ネコちゃんの情報を投稿する


※投稿にはお時間がかかります。あらかじめご了承下さい。