ワンちゃん図鑑

シェットランドシープドックShetland Sheepdog
生まれた国:イギリスイギリス
  • シェットランドシープドック
  • ワンちゃんの個性

    シェットランドシープドック

  • 特徴

    体重
    オス:7~10kg メス:7~10kg
    毛質
    粗くまっすぐな長毛
    毛色
    セーブル、トライカラー、ブルーマールなど
    大きさ
    体高
    オス:33~35cm メス:33~35cm
  • ワンちゃんの適性

    • ワンちゃんの適性
性格
シェットランドシープドッグは、穏やかな性格をした犬。活発で遊び好きですが、一方で感受性が強く、繊細なところも持っています。飼い主に対しては服従心が強く、判断能力や理解力が高い犬ですが、知らない人や犬に対しては警戒心を見せます。
日常のお世話
シェットランドシープドッグは、体力がある犬種です。散歩は1日に1時間以上は行ってください。運動不足になるとストレスがたまって、無駄吠えをしてしまうことがあります。散歩以外にも広い場所を使った遊びやゲームも取り入れてあげましょう。
シェットランドシープドッグの被毛はダブルコートで、換毛期以外でも抜け毛が多いです。週に1?2度はブラッシングを行ってあげましょう。
また、シェットランドシープドッグはよく吠える犬で、その声は比較的大きいです。過度に吠えてしまわないように、しっかりとしつけていきましょう。吠える原因は、シェットランドシープドッグが持つ警戒心から来ています。安心して過ごせる環境を作ることも心がけるとよいでしょう。
歴史・起源
「シェルティ」の愛称で親しまれている、シェットランドシープドッグ。イギリスのスコットランド北東にあるシェットランド諸島で誕生し、牧羊犬として飼われていた犬です。スピッツやコリー、スパニエルなどが交配して誕生した犬だと言われています。厳しい自然環境のシェットランド諸島は食べ物に恵まれておらず、わずかな小動物を食べながら生き延びてきたこと、また家畜のサイズも小さかったことから、長い年月を経るうちに小型化したのではないかと考えられています。
長い間にわたってシェットランド諸島のみで生きてきたシェットランドシープドッグですが、19世紀後半になって、この島々を訪れたイギリス兵によって、イギリス本土に持ち帰られました。そこでラフコリーと交配されて、いったんサイズが大きくなってしまったものの、ポメラニアンなどとの交配でサイズを元に戻したという経緯があります。それと同時に、美しい容姿や親しまれやすい性格も高められていきました。この流れから、当時はシェットランド・コリーと呼ばれていましたが、ラフコリーの団体が反対したため、現在のシェットランドシープドッグという名前に改められました。
20世紀になって、現在の姿まで改良が進んだ、シェットランドシープドッグ。その優雅な姿と賢さから世界的な人気となりました。現在では牧羊犬としてはほとんど使われなくなったようですが、服従性の高さや賢さから、ドッグスポーツなどで活躍しています。
気をつけたい病気
不正咬合、歯肉増殖症、胆石症・胆泥症、特発性てんかん、角膜ジストロフィー、強膜欠損症、コリーアイ症候群、水疱性類天疱瘡、日光性皮膚炎

我が家のワンちゃん・ネコちゃんの情報を投稿する


※投稿にはお時間がかかります。あらかじめご了承下さい。