ワンちゃん図鑑

シベリアンハスキーSiberian Husky
生まれた国:ロシアロシア
  • シベリアンハスキー
  • ワンちゃんの個性

    シベリアンハスキー

  • 特徴

    体重
    オス:16~27kg メス:16~27kg
    毛質
    ダブルコートで上毛は滑らかで、下毛やわらかい
    毛色
    ブラックからホワイトまでさまざまな毛色がある
    大きさ
    体高
    オス:55~63cm メス:51~60cm
  • ワンちゃんの適性

    • ワンちゃんの適性
性格
精悍な顔つきをしたシベリアンハスキー。その見かけによらず、明るく陽気で、フレンドリーな性格をしています。飼い主には従順で、子どもにもよく慣れて遊び相手になることができます。ただし、用心深いところはあるものの、攻撃性はあまり高くないので、番犬には向いていません。楽天的なところもあって、しつけがややしにくいところもあります。しかし、責任感は強く、どんなことも喜んでやろうとするので、作業犬としては優れています。
日常のお世話
とても体力のあるシベリアンハスキーは、かなりの運動量が必要です。1日に1~2時間以上は散歩や運動を行ってあげてください。ソリや車などを引くような動きをする引き運動は喜びますので、ときどきさせてあげると良いでしょう。運動不足になるとストレスがたまってしまい、家具を壊すなどの破壊的活動をしたり、神経質になったりすることがあります。
シベリアンハスキーのやわらかな被毛は、多量で抜け毛が多いです。できれば毎日、少なくとも週に2?3回はブラッシングやコーミングを行ってあげましょう。特に抜け毛が多くなる、春から初夏にかけては注意が必要です。歯や耳、爪のお手入れも忘れないようにしましょう。
しつけや訓練がしにくいと言われるシベリアンハスキーですが、何事も前向きで、あきらめない一面を持っています。失敗を繰り返してしまうこともありますが、根気強く訓練を続けていきましょう。特に、散歩のときに事故を起こさないためにも、犬がリードを引いてしまわないような訓練をしておいたほうが良いです。
また、社会性の強いシベリアンハスキーは、単独で留守番を長くすると、ストレスになってしまうので注意しましょう。
歴史・起源
ロシアのシベリア地方にあるチェルスキー山脈が原産と言われているシベリアンハスキー。北東アジアに住んでいた遊牧民たちが、寒冷地帯の長距離移動や旅をするときのソリ引き犬として活躍していました。名前の由来は、この犬を飼育していたエスキモー人を「ハスキー」と呼んでいたためという説や、遠吠えの声が枯れている(ハスキーボイス)ためという説があります。
シベリアンハスキーの祖先は、スピッツではないかと推測されています。体格がシベリアンハスキーよりも大きく、容姿が似ているアラスカン・マラミュートも近縁ですが、どのように犬種として成立したのか、詳しい時期などは分かっていません。近年の研究から、ほかの犬種に比べてオオカミにに近いということはわかっています。
成立の歴史は不明なところも多いシベリアンハスキーですが、この犬たちを長い間飼育してきたのは、シベリア北東部に住んでいた、チュクチ族という部族でした。当時はシベリアン・チュチースと呼ばれており、ソリ犬や猟犬として活躍していました。この土地と役割にあわせて選択交配されていくうちに、犬種として固定されたと考えられています。
1909年、その存在を知ったアメリカ人によって、アラスカの犬ソリレースに初めて参加し、その実力を発揮したシベリアンハスキー。その実力を認められ、その後10年にわたって、シベリアンハスキーはたくさんの犬ソリレースで活躍しました。
さらに、1925年にアラスカのノームという都市でジフテリアが大流行した際、シベリアンハスキーの犬ソリが500km以上の距離を走って血清と薬を届けました。このことで一躍有名となったシベリアンハスキーは、その働きだけでなく、性格の良さなども評判となり、その後カナダやアメリカへも輸入されていきました。
1930年にはアメリカンケンネルクラブに犬種として登録された、シベリアンハスキー。その精悍な顔つきがドッグショーでも人気を集め、戦時中はアメリカ軍に帯同して、北方の探索犬や救助犬としても活躍していました。
気をつけたい病気
高血圧、脱色素性皮膚疾患、エリトマトーデス、変性性脊髄症、前部ブドウ膜炎、緑内障、白内障、腎機能障害

我が家のシベリアンハスキー情報

ハスキー犬、かわいいなー

我が家のワンちゃん・ネコちゃんの情報を投稿する


※投稿にはお時間がかかります。あらかじめご了承下さい。