ワンちゃん図鑑

ジャックラッセルテリアJack Russell Terrier
生まれた国:イギリスイギリス
  • ジャックラッセルテリア
  • ワンちゃんの個性

    ジャックラッセルテリア

  • 特徴

    体重
    オス:5~8kg メス:5~8kg
    毛質
    短毛のスムース、剛毛などのタイプあり
    毛色
    ホワイトをベースに、ブラウンやブラック、レモンのマーキング
    大きさ
    体高
    オス:30~36cm メス:30~36cm
  • ワンちゃんの適性

    • ワンちゃんの適性
性格
ジャックラッセルテリアは、強いテリア気質を持っている犬です。頑固で負けず嫌いな面があり、好奇心旺盛で活発、猟欲が強い性格を持っています。猟犬としての能力が優れていて、勇敢で動作は俊敏です。
家族に対しては忠実で、とても友好的です。しかし、家族以外の人間に従うことは少なく、侵入者に対しては激しく警戒します。とても賢い犬なので、飼い主が力不足であると見抜くと、暴君のようになることもあると言われています。
日常のお世話
ジャックラッセルテリアは小型犬ですが、じっとしていられる性格ではないので、運動量はかなり必要です。1日1時間以上の散歩を行い、好奇心を満たすようなゲームなどを取り入れてあげると良いでしょう。ドッグランなどに連れて行き、広い場所で走り回らせてあげるのも良いです。
ゲームや遊びを通してコミュニケーションをとり、飼い主への服従心を養うことで、扱いやすい性格になります。逆に甘やかして育てると、成犬になって手が付けらない性格になってしまうこともあるので、気をつけましょう。
被毛のお手入れは、できればこまめなブラッシングと、定期的なシャンプーを行うようにしましょう。毛が長い部分は、コーミングを行うとやりやすいです。耳掃除や歯磨きも嫌がらずにできるように、小さいうちからケアに慣らしておくことが大切です。
ジャックラッセルテリアは猟欲が強い犬です。猫、フェレットなどの動物と一緒に暮らすことは難しいでしょう。しつこくかまわれることも好まないので、小さな子どもとは、あまり相性は良くないです。散歩中などでも、子どもが近づいてきたりしたら注意するようにしましょう。
歴史・起源
ジャックラッセルテリアの歴史が始まったのは、1870年頃のこと。イギリス・デボン州に住んでいたジャック・ラッセル牧師が作出して誕生したのが、ジャックラッセルテリアでした。ラッセル牧師は、ジャッジ兼ブリーダーとしても知られており、イギリスケンネルクラブの創立メンバーのでもありました。
キツネ狩りが好きだったラッセル牧師。優秀な猟犬を作ろうと思い、フォックス・テリアをベースに交配を始めたのが、ジャックラッセルテリア誕生のきっかけです。ラッセル牧師は猟の性能を磨くことを目的に、ビーグル、ボーダー・テリア等と交配しました。さらに強い気質を持たせるためにブルテリアなども交配し、かわいらしい見た目に反して、気性の荒さを持つようになりました。
1883年にラッセル牧師が死去し、ジャックラッセルテリアは一時、人々から忘れ去られそうになりました。しかし、1894年にヨーロッパの狩猟家や馬術家の間で人気が上昇。1990年にイギリスケンネルクラブでスタンダードが制定され、これに続いてFCI(国際畜犬連盟)もジャックラッセルテリアの名前でスタンダードが作られました。
ジャックラッセルテリアは比較的新しい犬種の歴史ですが、映画やテレビなどにも多く出演し、爆発的なブームにより短い間に世界中に広まった犬種です。
気をつけたい病気
パターン脱毛、肥満細胞腫、重症筋無力症、原発性免疫不全、大腿骨骨頭壊死(レッグ・ペルテス)、膝蓋骨脱臼

我が家のワンちゃん・ネコちゃんの情報を投稿する


※投稿にはお時間がかかります。あらかじめご了承下さい。