ワンちゃん図鑑

トイ・プードルToy Poodle
生まれた国:フランスフランス
  • トイ・プードル
  • トイ・プードル
  • トイ・プードル
  • ワンちゃんの個性

    トイ・プードル

  • 特徴

    体重
    オス:4~6kg メス:4~6kg
    毛質
    シングルコートでカールした毛
    毛色
    ブラック、ホワイト、ブルー、ブラウン、クリーム、レッド、シルバー、シルバーベージュ、アプリコットなど
    大きさ
    体高
    オス:25~28cm メス:25~28cm
  • ワンちゃんの適性

    • ワンちゃんの適性
性格
トイ・プードルは、活発で陽気な性格。ほかの犬や動物ともとても仲よくできて、コミュニケーション能力が高いのが特徴です。家族に対しては愛情が深く、小さな子どもやお年寄りのいる家庭でも問題なく一緒に生活できます。欠点が少ない、優等生のような性格です。
まれに、知らない人に対しては神経質になることもあります。しかし、きちんとしつけて社会性を身につけさせれば、それらもおさまるでしょう。賢さも持っているので、いろいろな芸を覚えさせてみるのも良いです。
やや興奮しやすいところがあるので、あまり興奮させないよう穏やかに育てると良いでしょう。
日常のお世話
トイ・プードルの最大の特徴で魅力でもあるのが、ふわふわとカールした被毛。抜け毛は少ないですが、お手入れをしないと絡まってフェルトのような状態になったり、ホコリやゴミがたまったりしてしまいます。1日に1回、最低でも週に2?3回程度は、ブラッシングを行いましょう。シャンプーも、1週間に1回はしてあげてください。
トリミングサロンを利用してみるのも良いでしょう。寒い季節以外は、短めにカットしておくとお手入れが楽になります。プードルの毛は伸びが早いので、定期的にカットするのがおすすめです。耳のお手入れや、歯のゆるみのチェックも定期的に行いましょう。
そのかわいらしい見た目に似合わず、活発で体力があるトイ・プードル。運動不足になったり、ストレスがたまったりすると、部屋やケージの中を荒らすなどのいたずらをしてしまうかもしれません。毎日、十分な散歩を行うほか、室内で遊んであげたり、ドッグランで自由に走らせてあげたりすると良いでしょう。
歴史・起源
そのかわいらしい外見と賢さで、急速に人気が高まったトイ・プードル。プードルには、スタンダード、ミディアム、ミニチュア、トイとサイズが4種類ありますが、犬種としてはすべて同じプードルです。サイズ以外には体の構成は同じで、性質もほぼ異なる点がないこと、それぞれのサイズが成立した時期が不明であることなどから、同じ犬種として分類されています。
フランスの代表的な犬として知られるプードルですが、正確な起源はわかっていません。ロシアがドイツが発祥とされる説や、中央アジア北部が発祥であるという説もあります。さまざまな経路をたどってヨーロッパ各地に広まり、それらの地域の犬と交配されて、最終的にドイツからフランスへ入ったのではないかと言われています。
荷車を引いたり、水猟犬としてカモ狩りをしたりしていたプードル。その名前は、ドイツ語で「かいで漕ぐ」「水が跳ねる」という意味を持つ「プッデンルン」に由来しています。とても賢いプードルは、ヨーロッパで犬の芝居でも活躍してきました。
ドイツで猟犬として働いていたプードル。フランスでも当初は猟犬として活躍していましたが、この頃にはサイズのバラエティがすでにあったと言われています。15世紀頃、ドイツの画家であるアルブレヒト・デューラーが作成した版画の中に、独特のカットをした、ミニチュアプードルかトイプードルと思われる小型犬が描かれていました。
17世紀の初めの頃には、小さめに作られたトイプードルが、フランス上流階級のあいだで人気となり、18世紀には画家であるゴヤの絵画に登場。イギリスの上流階級のあいだでも人気の犬だったという記録があります。
近年の日本では、抜け毛が少ないことから、病院などを訪問するセラピー犬として活躍したり、警察犬として採用されたりと、愛玩犬にとどまらない活躍を見せています。
気をつけたい病気
免疫介在性溶血性貧血、血小板減少症、椎間板ヘルニア、ナルコレプシー、流涙症、白内障、水晶体脱臼、大腿骨骨頭の虚血性壊死

我が家のトイ・プードル情報

チワワのスムース雄です3歳になりました☀オレンジ色の毛並みが素敵な❤みぞい愛犬

我が家のワンちゃん・ネコちゃんの情報を投稿する


※投稿にはお時間がかかります。あらかじめご了承下さい。