ワンちゃん図鑑

プチブラバンソンPetit Brabancon
生まれた国:ベルギーベルギー
  • プチブラバンソン
  • ワンちゃんの個性

    プチブラバンソン

  • 特徴

    体重
    オス:2~6kg メス:2~6kg
    毛質
    なめらかな手触りの短毛
    毛色
    レディッシュブラウン、ブラック&タン
    大きさ
    体高
    オス:21~28cm メス:21~28cm
  • ワンちゃんの適性

    • ワンちゃんの適性
性格
温和で愛情たっぷりな性格を持った、プチブラバンソン。何事にも好奇心旺盛で活発なので、何にでも興味を持ってしまい、いたずらが絶えないということもあります。
小さいうちはそういった傾向が強いですが、大きくなるにしたがって、穏やかで愛情深いところを見せるようになります。社交的な性格で、ほかの犬と接するのも好きです。しかし、基本的にマイペースなので、合わない相手とは距離を取る傾向にあります。ただし、ケンカに発展することは少ないでしょう。
日常のお世話
元気で活発なプチ・ブラバンソン。運動量はそこまで多くなくても大丈夫です。毎日、20~30分程度の散歩を2回程度行うと良いでしょう。室内での遊びも取り入れてあげてください。
短吻種なので、暑い季節は苦手です。室内の温度の調整は必ず行うようにしましょう。寒い季節は、衣類などで保温をしてあげるのも良いです。垂れ耳なので、耳の手入れはこまめに行ってあげてください。通気を良くするために、耳まわりの毛を取り除いてあげるのも大切です。
被毛は短いので、手入れは比較的楽です。定期的にブラッシングやシャンプーを行ってあげるようにしましょう。
プチブラバンソンは、賢くてものわかりのよい犬種。しつけは十分可能ですが、プライドが高く頑固なところがあるので、なかなか覚えてくれないこともあります。犬に合わせて工夫をしながら、根気よく教えていきましょう。
歴史・起源
プチ・ブラバンソンは、ブリュッセル・グリフォンの短毛種です。ブリュッセル・グリフォンは、パグやキング・チャールズ・スパニエルなどが祖先の犬で、馬車の護衛犬として働いていました。今では分けられて登録されていますが、中にはまだ同じ犬種として扱っている国もあります。
ベルギーに残っている記録では、1880年、ベルギー独立15周年祝賀イベントの中で行われたドッグショーに、ブリュッセルグリフォンの元となった、スムージーと思しき犬が出展されています。1883年にその犬は「グリフォン・ブラッセル」として初めてベルギーの団体に記録されました。
1886年には、ベルギー王妃のマリー・アンリエットがグリフォンに関心を持ったことから人気が高まり、イギリスにも輸出されて行くようになりました。
この頃には、グリフォンを基礎にして、黒毛のパグや、茶色のキャバリア・キング・チャールススパニエルなどとの交配が行われるようになりました。その過程で人気があった、長毛で茶色のブリュッセル・グリフォン、長毛で黒毛のベルジアン・グリフォン、パグの影響が最も強い短毛のプチ・ブラバンソンの3種が、別々の犬種として扱われるようになっていったのです。
プチブラバンソンという名前は、ベルギーの地名である「ブラバント」に由来しています。他の2種が持つ「グリフォン」はワイヤーヘアを意味するので、短毛のプチブラバンソンには別の名前が与えられることになりました。
気をつけたい病気
尿失禁症、肩関節脱臼、関節炎、皮膚疾患、眼疾患

我が家のワンちゃん・ネコちゃんの情報を投稿する


※投稿にはお時間がかかります。あらかじめご了承下さい。