ワンちゃん図鑑

ボストンテリアBoston Terrier
生まれた国:アメリカアメリカ
  • ボストンテリア
  • ワンちゃんの個性

    ボストンテリア

  • 特徴

    体重
    オス:7~11kg メス:7~11kg
    毛質
    なめらかな短毛
    毛色
    ホワイト・マーキングのあるブリンドル、シール又はブラック
    大きさ
    体高
    オス:28~38cm メス:28~38cm
  • ワンちゃんの適性

    • ワンちゃんの適性
性格
ボストンテリアは、優しくて活発な性格。陽気で利口なところもあるので、良い家族の一員となることができます。動くものを追いかけるのが好きで、ボール遊びなどが好き。やや頑固さもありますが、学習能力の高い優秀な犬です。ほかのペットや子どもとも、良好な関係を築くことができます。
しかし、飼い主の顔色を伺うデリケートな面もあります。ときに、嫉妬からほかの犬や子どもに対して、攻撃的な一面を見せることもあります。吠え癖を持った子も稀にいますが、きちんとしつければ、コントロール可能な犬種です。
日常のお世話
ボストンテリアは、活発で遊び好きな犬種。毎日きちんと運動させて、家族と触れあう時間をしっかりとってあげること大切です
しかし、運動量自体はそれほど必要ではありません。散歩は1日30分?1時間程度で良いでしょう。暑さには弱いので、夏は外には出ず、室内の運動でも十分です。短吻種なので、過剰な運動や気温・体温の上昇によって呼吸困難を起こさないよう注意してください。
短毛のボストンテリアは、お手入れは楽です。かたく絞ったタオルなどで、定期的に拭いてあげましょう。抜け毛はこまめに取り除いて、風通しを良くしてあげてください。
優しいところと、気位の高いテリア気質の両方を持ち合わせているボストンテリア。愛情不足でも過保護でも、問題行動を起こしてしまうことがあります。子犬のうちからけじめのあるコミュニケーションやしつけを行って、落ち着いた性格を育てていきましょう。
歴史・起源
アメリカ生まれのボストンテリアは、比較的新しい犬種です。その歴史が始まったのは、1865年のこと。アメリカのボストン周辺で、白いイングリッシュ・テリアとブルドッグから生まれた、ジャッジという名前の犬が始まりとなっています。
ジャッジは約15kgのがっちりとした体格で、白地にブリンドルという毛色。現在のボストンテリアにとてもよく似た外見でした。このジャッジを基礎にして、サイズの小さい白いメス犬「ジップ」を交配。そこで生まれた、ジャッジよりやや小さいオス犬「エフ」と、ブリンドルの毛色をした小型の「トビンズ・ケイト」とさらに交配させました。そこで生まれた子犬たちが、現在のボストンテリアの基礎となっています。
この頃はまだ闘犬が行われており、ジップは闘犬目的で、ブルテリアの血を引く形で作出されたようです。その後まもなく闘犬が禁止され、ボストンテリアの作出は愛玩犬目的となりました。小型化を図る中で、闘犬の血は徐々に薄れていき、やがてボストンテリアは「犬界の紳士」と呼ばれるくらいのスマートな犬になったのです。
最初の交配から作出に至るまでが20年未満と短かったため、アメリカンケンネルクラブは当初、この犬種の登録に慎重な姿勢でした。しかし、関係者の努力によって、1893年に正式な犬種として登録されることになりました。
現在ではアメリカを代表する犬のひとつであり、ボストン大学のマスコットでもあるボストンテリア。2012年にはアメリカで12000頭以上、日本でも1600頭以上が登録されている、人気の小型犬種となっています。
気をつけたい病気
短頭種症候群、軟口蓋過長症、第三眼瞼腺逸脱、会陰ヘルニア、骨軟骨異形成、膝蓋骨脱臼、水頭症、小脳低形成、難聴

我が家のワンちゃん・ネコちゃんの情報を投稿する


※投稿にはお時間がかかります。あらかじめご了承下さい。