ワンちゃん図鑑

ポメラニアンPomeranian
生まれた国:ドイツドイツ
  • ポメラニアン
  • ワンちゃんの個性

    ポメラニアン

コメント募集中

  • 特徴

    体重
    オス:2~3kg メス:1~2kg
    毛質
    量が豊富でやわらかなダブルコート
    毛色
    ホワイト、レッド、オレンジ、グレー、ブラック
    大きさ
    体高
    オス:20~25cm メス:20~25cm
  • ワンちゃんの適性

    • ワンちゃんの適性
性格
ポメラニアンは陽気で友好的な性格。人のことが大好きで、ほかの犬にもフレンドリーに接します。好奇心が強く、活発で良く動き、遊びも大好きです。
中には、そり犬として活躍していた先祖の気質を引き継いだ、気の強い子もときどきいます。プライドが高いところもありますが、飼い主には従順。小さな体ですが勇気があり、有能な番犬の素質もあります。
一方で、ポメラニアンは少し繊細な面があるので、人間に過度に依存したり、吠えたりもします。
日常のお世話
ポメラニアンといえば、厚くて豊富な毛並み。この美しさを維持するためには、こまめにブラッシングやトリミングなどのお手入れをすることが必要です。抜け毛をそのまま放っておくと、通気が悪くなって皮膚病を起こすことがあります。健康管理のためにも、ブラッシングは欠かさず行いましょう。
手足の裏の毛は、伸びると床を踏みにくくなって、関節に負担をかけることになってしまいますので、こまめにカットしてください。シャンプーも必要ですが、抜け毛の激しい夏場は被毛が痛みやすいので、頻回に行わないようにしましょう。
歯のお手入れも週に1回は行い、目の手入れは毎日行うようにしてください。
ポメラニアンは、運動量をあまり必要としない犬種です。運動は室内で十分ですが、気分転換を兼ねて、外を散歩しても良いでしょう。社会性を育むことにもつながります。しかし、中には手足の骨格が細い犬もいるので、関節に負担をかけないよう、散歩の量は様子をみながら行ってください。
繊細な性格も持ち合わせているポメラニアン。玄関のチャイムが鳴ったときや、留守番中に吠えることもあります。人が大好きなだけポメラニアンなので、あまり甘やかすと分離不安症になってしまうことも。子犬のうちからしっかりとしつけて、がまんすることを教えていきましょう。
歴史・起源
ポメラニアンは、もともとは大型の牧羊犬として活躍していた犬。その祖先は、ドイツとポーランドの国境付近にあるポメラニア地方に住んでいた、ジャーマン・スピッツやサモエド、ノルウェージャン・エルクハウンドといった、北方のソリ犬として知られるスピッツ族だと言われています。その当時はまだ中型犬以上と大きいサイズで、ほとんどの毛色が白色だったようです。
18世紀になって、イギリスに持ち込まれたポメラニアン。このときもまだ体重10kgほどのサイズでしたが、ヨーロッパの王族・貴族に好まれるようになりました。19世紀後半には、ビクトリア女王の愛犬にもなりました。自身の死ぬ間際にまで最愛のポメラニアンを呼び寄せて、息を引き取るほどだったとも伝えられています。
愛犬家だったビクトリア女王は、大好きなポメラニアンをドッグショーに出展。繁殖も自ら行い、もともと中型サイズ以上だったポメラニアンを、5kg程度まで小型化しました。
以前の毛色はホワイトとブラックのみでしたが、ビクトリア女王が繁殖した犬には、レッドの毛色がいたようです。このビクトリア女王の働きによってポメラニアンの魅力が世界的に知られて大流行となり、それと共に小型化が進み、毛色のバリエーションが増えていきました。
1892年には、アメリカで犬種として確立したポメラニアンは、国際畜犬連盟に登録され、1900年にはアメリカで公認されています。それ以降、さらにサイズの縮小が続けられたポメラニアンは、日本でももっとも人気のある愛玩犬の一種となっています。
気をつけたい病気
動脈管開存症、気管虚脱、睫毛乱生、流涙症、脱毛症、膝蓋骨脱臼、潜在精巣、ホルモン性疾患

我が家のワンちゃん・ネコちゃんの情報を投稿する


※投稿にはお時間がかかります。あらかじめご了承下さい。