ワンちゃん図鑑

ラサアプソLhasa Apso
生まれた国:中国中国
  • ラサアプソ
  • ワンちゃんの個性

    ラサアプソ

  • 特徴

    体重
    オス:6~7kg メス:6~7kg
    毛質
    硬くてまっすぐな長毛
    毛色
    ゴールデン、サンディ、ハニー、ダーク・グリズル、スレート、スモーク、パーティ・カラー、ブラック、ホワイト、ブラウン
    大きさ
    体高
    オス:25~28cm メス:25~28cm
  • ワンちゃんの適性

    • ワンちゃんの適性
性格
ラサ・アプソは、陽気で活発な性格をですが、やや気まぐれなところがあり、少しわがままに感じられることもあります。臆病なところがあって、知らない人にはそっけない態度を見せますが、家族には深い愛情を見せてくれます。何かに反応して吠えることがよくあり、子どもに対してもあまり寛容的ではないので、小さな子どものいる家庭には向きません。
日常のお世話
ラサ・アプソの被毛は、ダブルコートの長毛。硬めで量があり、放っておくと床に引きずるほど長く伸びてしまいますので、お手入れは必須です。放っておくと通気性が悪くなるため、皮膚病を引き起こしてしまうことがあります。ブラッシングやコーミングを毎日念入りに行いましょう。
小型犬のラサ・アプソですが、活発な性格でがっちりした体格をしているので、比較的多めの運動量をこなすことができます。1日に30分程度の散歩を行い、室内でもたくさん遊んであげましょう。
ラサ・アプソは賢い犬ではありますが、やや頑固でプライドの高いところがあるので、制止が聞かないこともあります。甘やかしすぎずに、しつけをしっかりと行っていきましょう。また、聴覚が優れた犬種なので、音に敏感になって吠えることがあります。飼う前に、飼育環境を検討しておいたほうが良いでしょう。
歴史・起源
ラサ・アプソは、とても歴史の古い犬種のひとつ。チベットの山岳地帯にいた4種の土着犬のひとつでもあります。ほかの土着犬と同様、長くて厚い被毛によって、山岳の冷気から身を守っていました。チベタン・スパニエルやチベタンテリアに近く、チベット奥地の僧院で飼育されていた聖なる犬の1つではないかと言われています。
チベットの修業僧たちの言い伝えでは、チベット高原に住んでいた狼を僧が飼いならして、繁殖させて作ったのがラサ・アプソだと言われています。また、死んで解脱に達しなかった僧の魂は、ラサ・アプソの体内に入って輪廻転生し、守り神となると伝えられていました。代々のチベット仏教の統率者であったダライ・ラマにより、中国の皇帝に献上されたこともあったそうです。
このような歴史のあるラサ・アプソは、聖なる犬として門外不出とされ、この禁を破ると死刑にされることもあったと言われています。
イギリスでは、20世紀の初め頃に、チベットの調査に訪れた人たちがラサ・アプソを連れて帰ったとされています。しかし、それ以前の19世紀、ビクトリア王朝時代の美術品に、ラサ・アプソまたはチベタンテリアではないかと思われる犬の姿が描かれているそうです。
1922年、チベットを訪れたエリック・ベイリー夫妻が、純粋なラサ・アプソをイギリスへ持ち帰ったことが繁殖の基礎となり、1929年にはロンドンで行われたドッグショーに初めて出展されました。「東洋のお守り犬」と言われて人気となり、1933年にはイングリッシュ・ケンネル・クラブで公認されています。
当初のラサ・アプソはとても優れた聴覚を持っていて、足音を聞き分け、吠えて知らせることで僧院を守っていたそう。この特徴を引いているためか、現代のラサ・アプソも小型のすぐれた聴覚を発揮し、聴導犬として活躍していることもあるそうです。
気をつけたい病気
膝蓋骨脱臼, 眼瞼内反症, 膿皮症

我が家のワンちゃん・ネコちゃんの情報を投稿する


※投稿にはお時間がかかります。あらかじめご了承下さい。