ワンちゃん図鑑

ラブラドールレトリバーLabrador Retriever
生まれた国:イギリスイギリス
  • ラブラドールレトリバー
  • ワンちゃんの個性

    ラブラドールレトリバー

  • 特徴

    体重
    オス:30~36kg メス:28~30kg
    毛質
    短くまっすぐで柔らかい毛
    毛色
    ブラック、黄色、チョコレート
    大きさ
    体高
    オス:55~60cm メス:50~55cm
  • ワンちゃんの適性

    • ワンちゃんの適性
性格
攻撃性が少なく、穏やかでフレンドリーな性格のラブラドールレトリバー。忠実で賢く、順応力や判断力も持っていて、状況や場所を自分でよく見て判断することができます。家族に対しては愛情が深く、子どもやほかの犬とも遊ぶことができます。小動物などに対しても攻撃性を見せることはあまりありません。
とても優秀な犬ではありますが、その優しさとフレンドリーさゆえに、番犬としてはあまり向いていません。
日常のお世話
体力があって、活動的なラブラドールレトリバー。毎日、1時間程度の散歩を2回は行ってあげましょう。泳ぐことが好きなので、ときどき泳げる機会を作ってあげるのも良いです。運動は得意ですが、大型犬で体重があるので、ハードルを飛び越えるような運動は注意が必要です。
また、知的好奇心が強いので、散歩だけでは飽きてしまうこともあるかもしれません。ボールやフライングディスクを使った遊びなども、取り入れてあげましょう。その好奇心の強さゆえ、小さいうちは室内で長い時間放置すると、モノを破壊したりしてしまうこともあります。しつけをしっかりとするようにしましょう。
短毛のラブラドールレトリバーですが、ダブルコートなので抜け毛があります。下毛が特に抜けるので、週に数回はブラッシングしてあげましょう。
歴史・起源
ラブラドールレトリバーの祖先となった犬は、カナダのラブラドール半島ではなく、ニューファンドランド半島にいたと言われています。16世紀頃、ニューファンドランド半島に入植した人が連れていた、セント・ジョンズレトリバーがその祖先と考えられているのです。この当時、セント・ジョンズレトリバーの毛色は黒色のみで、現在のイエローやチョコレートの毛色の個体はいなかったようです。
19世紀初め頃、セント・ジョンズレトリバーは塩ダラを運ぶ船に乗せられて、ニューファンドランド半島からイギリスへ連れてこられました。イギリスの貴族が、漁師とともに働くセント・ジョンズレトリバーの姿を見て、鴨や水鳥の猟を行う猟犬として使おうと考えたそうです。イギリスに渡ると、貴族たちによって選択交配が進められて、現在のラブラドールレトリバーの姿になりました。この経緯から、ラブラドールレトリバーはイギリス原産とされています。
ラブラドールレトリバーという名前がついたのは、1887年のこと。マームズベリ伯爵がこの名をつけたとされています。1903年になると、イギリスケンネルクラブに犬種として登録され、ラブラドールレトリバーが正式名称となりました。
その穏やかな性格や賢さなどから、アメリカやイギリスを中心に人気が高まったラブラドールレトリバー。アメリカでは、長期にわたって登録犬数ベスト3に入っており、世界でももっとも飼育数の多い純血種となっています。
イギリスで初めて盲導犬としてラブラドールレトリバーが使われたのを皮切りに、現在では警察犬や介助犬、災害救助犬など多くの場所で活躍しています。
気をつけたい病気
胃拡張念転症候群、巨大食道症、脾種、網膜変性、股関節形成不全、肘突起癒合不全、ミオパシー、脂肪種、扁平上皮癌

我が家のワンちゃん・ネコちゃんの情報を投稿する


※投稿にはお時間がかかります。あらかじめご了承下さい。