ワンちゃん図鑑

ロットワイラーRottweiler
生まれた国:ドイツドイツ
  • ロットワイラー
  • ワンちゃんの個性

    ロットワイラー

  • 特徴

    体重
    オス:39~61kg メス:36~45kg
    毛質
    短くて硬い毛
    毛色
    ブラック&タン
    大きさ
    体高
    オス:61~68cm メス:56~63cm
  • ワンちゃんの適性

    • ワンちゃんの適性
性格
とても落ち着いていて、利口なロットワイラー。飼い主には従順で忠誠心が強く、素直な性格をしています。落ち着いているわりには大胆で勇敢なところもあり、家族を守ろうとする意識が強いため、番犬としてとても頼りになります。家族に対しては、とても愛情深い犬です。
日常のお世話
体の大きさのわりには、意外と体重があるロットワイラー。筋肉質な体をしているので、かなり力のある犬です。その体力に見合った運動量が必要になります。毎日の散歩は、最低でも1日1?2時間以上行って、しっかりと運動する時間を作ってあげましょう。
また、ロットワイラーは力が強いぶん、しつけをしておかないと散歩ができないくらいに引きずられてしまいます。小さいうちからしっかりと訓練をしていきましょう。
ロットワイラーの被毛は短く、抜け毛も少ないので、手入れの手間はかかりません。定期的にブラッシングやシャンプーを行ってあげましょう。濡れたタオルで拭いて、乾いたタオルで仕上げをしてあげるのも良いです。
防衛心の強いロットワイラーは、家族や自分のテリトリーを守ろうとする意識が強く出ます。あまり過剰になると攻撃的になってしまうので、小さいうちから人やほかの犬と接して、社会性を持たせるように心掛けましょう。庭などで放し飼いをしていると、通行人などに攻撃をしてしまう可能性もあります。飼い始める前に、どこで飼育するかを検討する必要があります。
歴史・起源
ロットワイラーは、とても歴史の古い犬種のひとつ。その始まりは、西暦73年頃のこと。古代ローマ帝国がスイスに侵攻した際、軍人が食糧用として連れていた犬を先導していた犬が祖先と言われています。ローマ軍が途中で南ドイツを通ったことがきっかけでこの土地に入り、現地の家畜商が改良を重ね、11世紀ごろに定着したそうです。ロットワイラーという名前は、この南ドイツのロットヴァイル(英語でロットワイラー)という地名が由来となっています。
牛追いとして活躍していた、ロットワイラー。しかし、20世紀に入って電車や車が発達し、牛追いは交通の妨げになるために禁止されてしまいました。そのため、ロットワイラーは転職を余儀なくされ、荷車を引くことを主な仕事となりました。
すると、今度は畜産業のシステムが近代化し、荷車を引く仕事もなくなってしまいます。ついに仕事がなくなってしまったロットワイラーは、個体数が減少。この地域にメス犬たった1頭となってしまうほど、少なくなったと言われています。
このように、一時は絶滅の危機に瀕したロットワイラーですが、その勇敢さや体力が評価され、警察犬や軍用犬として繁殖・飼育されるようになり、その危機を脱しています。
1899年にはドイツで初めてのロットワイラークラブが設立され、1901年には初めてスタンダードを設定。1907年に激減したロットワイラーを保存するため、スタンダードを改定、計画的に繁殖していきました。現在では、警察犬や番犬、山岳救助犬として活躍する一方、家庭犬としてもかわいがられています。
気をつけたい病気
股関節形成不全、肘関節形成不全、骨肉種、胃捻転、眼瞼外反症、眼瞼内反症、進行性網膜萎縮症、白内障、てんかん

我が家のワンちゃん・ネコちゃんの情報を投稿する


※投稿にはお時間がかかります。あらかじめご了承下さい。