ワンちゃん図鑑

ワイアーフォックス・テリアWire Fox Terrier
生まれた国:イギリスイギリス
  • ワイアーフォックス・テリア
  • ワンちゃんの個性

    ワイアーフォックス・テリア

  • 特徴

    体重
    オス:7~8kg メス:6~8kg
    毛質
    針金状の剛毛
    毛色
    ホワイト&ブラック、ブラック&タン
    大きさ
    体高
    オス:36~39cm メス:36~39cm
  • ワンちゃんの適性

    • ワンちゃんの適性
性格
ワイアーフォックス・テリアは、明るく社交的で、人を喜ばせることが好きです。その一方で、ほかの犬に対して攻撃的になったり、警戒心を持つ習性もあり、典型的なテリア気質の性格です。家族に対しては深い愛情を持ちますが、知らない人には距離を置くこともあります。よく吠え、ほかの動物に対して追跡してしまう習性も持っています。また、オス犬はほかのオス犬に対して攻撃的になる傾向が見られます。
日常のお世話
ワイヤーフォックス・テリアは、運動量が必要です。散歩は1日に2回、1時間程度は行い、ボール遊びやゲームなどを取り入れてあげると良いでしょう。運動不足によってストレスがたまると、飼いにくくなってしまうので注意しましょう。
典型的なテリア気質の性格を持ったワイヤーフォックス・テリアは、しつけはしやすい方ではありません。根気強くトレーニングをしていきましょう。家族に対しては愛情深く、喜ばせることが好きなので、上手く褒めながら進めていくことが大切です。たくさんの時間を一緒に過ごし、コミュニケーションをとりながら、しつけをしてあげてください。
ほかの犬に対してケンカっ早いところがあるので、小さいうちからほかの犬と一緒に遊ばせて、社交性を育てるようにしましょう。知らない人に対して警戒心を見せることもあるので、ケージなどで待てるようにしつけをしておいてください。また、猟欲が強い犬種なので、家庭内に小動物がいる場合は注意が必要です。
ワイヤーフォックス・テリアの被毛はダブルコートですが、あまり長くはありません。週2?3回程度はブラッシングやコーミングをしてあげましょう。ドッグショーに出る場合は、ブラッキングやストリッピングというケアが必要になります。
歴史・起源
イギリス原産のワイヤーフォックス・テリアは、猟犬としてとても古い歴史がある犬。ウェールズ地方にいたテリア種が祖先と言われており、当初は小動物を追い払う役目をしていたようです。その後、キツネ狩りに使われるようになってから、フォックステリアと呼ばれるようになりました。
ワイヤーフォックス・テリア以外に、スムースフォックス・テリアもいますが、スムースの方が歴史は古いです。スムースとほかのテリア種との交配が進められ、ワイヤーフォックス・テリアが誕生したそうです。ドッグショーに登場したのは、スムースフォックス・テリアが19世紀半ば頃。ワイヤーフォックス・テリアが登場したのは、それから20年ほど経ってからのことでした。
もともと、ブラックやブラウン、タンがベースの毛色だったワイヤーフォックス・テリア。しかし、この毛色だとキツネ狩りのときに誤って撃たれてしまう可能性がありました。しかし、スムースフォックス・テリアは、ホワイトがベースのブルテリアを基礎にしていた犬。ブラック&タンのほか、ホワイトの個体もいたため、スムースフォックス・テリアとワイヤーフォックス・テリアを交配して、白い個体が生まれるようにしていったと言われています。これが、ワイヤーフォックス・テリアがスムースフォックス・テリアより登録が遅れた理由です。
1885年にはアメリカに渡ったワイヤーフォックス・テリア。戦後は人気が急上昇し、日本でも常に一定の個体数が登録されています。
気をつけたい病気
難聴、甲状腺機能異常症、水晶体脱臼症、白内障、緑内障、肩関節脱臼、皮膚疾患、食道痙攣、大腿骨頭壊死、小脳変性症、肺動脈狭窄症

我が家のワンちゃん・ネコちゃんの情報を投稿する


※投稿にはお時間がかかります。あらかじめご了承下さい。