ワンちゃん図鑑

北海道犬Hokkaido Inu
生まれた国:日本日本
  • 北海道犬
  • ワンちゃんの個性

    北海道犬

コメント募集中

  • 特徴

    体重
    オス:12~18kg メス:12~18kg
    毛質
    硬めの直毛
    毛色
    胡麻、トラ、レッド、ブラック、黒褐色、ホワイト
    大きさ
    体高
    オス:49~52cm メス:49~52cm
  • ワンちゃんの適性

    • ワンちゃんの適性
性格
気性の荒い犬が多い北海道犬ですが、主人に対しては忠実で従順で、家庭では穏やかな犬です。ほかの人や動物に対しては、強い警戒心を持ちます。聴覚や嗅覚が優れていて、まわりの状況に敏感。場面によって、行動は大胆だったり慎重だったりします。
日常のお世話
猟犬である北海道犬は、運動量が必要です。1時間程度の散歩を毎日2?3回は行い、ランニングも取り入れるようにしましょう。広い庭やドッグランなどで自由に走り回らせてあげるのも良いです。小さいうちから十分な運動の時間を取るようにしてください。
甘やかして育てると、手のつけられない性格になってしまうかもしれません。しつけやトレーニングを通してコミュニケーションを取り、信頼関係をしっかりと築いていきましょう。少しケンカっ早いところがあるので、散歩のときはほかの犬とトラブルにならないように注意が必要です。
北海道犬の被毛は、寒い土地に対応できるよう、厚いダブルコートになっています。夏の換毛期には抜け毛がかなりありますので、少なくとも週に2回はブラッシングを行うようにしましょう。
歴史・起源
北海道の先住民族であるアイヌ人が、クマなどの猟に使う猟犬として飼育してきた北海道犬。アイヌ犬とも呼ばれている北海道犬は、アイヌの人々の言葉では「セタ」と呼ばれています。
その祖先は、大和民族が北海道へ上陸した際に、一緒に入ってきた中型の猟犬とされています。スピッツと血縁があるのではないかと考えられていましたが、近年の研究によると、沖縄の琉球犬が近縁とのことです。北海道の厳しい冬の中で生き残り、またヒグマやエゾシカに向かっていく強い気質が求められる中で、犬種としての性質が高められていきました。
1937年に国の天然記念物として指定を受け、このときに正式に北海道犬と名付けられています。血統書は、ジャパンケンネルクラブのほか、天然記念物北海道犬保存会や天然記念物北海道犬協会、日本犬保存会など、それぞれの団体で行われています。全体を通しても北海道犬の登録数は少なく、国内では全部で7000頭程度しかいないのではないかと推測されるほどの現状です。新規登録数も毎年600頭程度で、希少種と言えるほどの少なさです。
現在は猟犬だけでなく、家庭犬としても飼育されている北海道犬。展覧会以外に獣猟競技会という大会も行われており、猟犬としての闘争姿勢の評価がされています。近年では、携帯電話会社のCMキャラクターとして北海道犬が採用されたこともあり、一般家庭では白い被毛を持った個体が人気となっているようです。
気をつけたい病気
皮膚病

我が家のワンちゃん・ネコちゃんの情報を投稿する


※投稿にはお時間がかかります。あらかじめご了承下さい。