ネコちゃん図鑑

ソマリSomali
生まれた国:イギリスイギリス
  • ソマリ
  • ネコちゃんの個性

    ソマリ

  • 特徴

    体重
    3.5~7kg
    毛質
    長毛種で、柔らかなダブルコートになっている。
    毛色
    ルディ、シナモン、ブルー、フォーンなど
    目色
    ヘーゼルやグリーン、ゴールド、カッパーなど
性格
ソマリはアビシニアンと同様に、明るくて賢く、活発で、人懐っこい性格。遊び好きでイタズラ好きなところがある一方で、甘えん坊なところもあります。犬のような性格も持っていて、人とコミュニケーションをとるのが得意。しつけもしやすい猫です。鈴のような、きれいで澄んだ声で鳴くのも、アビシニアンとそっくりです。飼い主のことをよく見ている、洞察力にすぐれたところもあります。
日常のお世話
ソマリは活発で遊び好きな性格なため、運動量が多いです。あまり運動が不足してしまうとイタズラをしたりすることもありますので、キャットタワーなどを設置して、十分に運動ができる環境をつくってあげましょう。飼い主と一緒に遊ぶことも大好きなので、たくさん遊んで、コミュニケーションをとってあげてください。ソマリはコミュニケーション能力が高く、協調性も優れているので、ほかのペットや子どもとも仲良くすることができます。しかし、優しくてちょっと繊細なところもあるので、ストレスがたまると病気の原因になってしまうこともあります。落ち着ける環境づくりと、十分なコミュニケーションを心がけるようにしてください。また、ソマリやアビシニアンは、水を怖がらない子が多いです。子猫のうちは特に、お風呂やトイレなど、水まわりの管理に十分注意するようにしましょう。ソマリは長毛種ですが、やや短めで抜け毛もそこまで多くはないので、毛のお手入れはあまり大変ではありません。週に1?2回程度のブラッシングをするようにしてあげてください。
歴史・起源
ソマリは、アビシニアンから偶然生まれた長毛種。この突然変異で現れた猫を計画的に繁殖して、現在のソマリになりました。1930年頃からイギリスで見られるようになったと言われていますが、正式に猫種として公認を受けたのは30年後のこと。アメリカで公認されたのは960年代後半でした。この突然変異で生まれたソマリですが、第二次世界大戦後、激減した種の復活のために行われたさまざまな異種交配で生まれたものと考えられていたため、繁殖家の間では当初、育成に否定的だったそう。ソマリのやや短めの長毛という毛の特徴も中途半端という印象があり、あまり好まれていなかったようです。そのため、アビシニアンの繁殖をしていたブリーダーは、この長毛タイプのソマリをショーには出せないと考えていました。一般の家庭にペットとして譲ることが多かったのです。しかし、1963年、たまたまイタズラでショーに出る猫達のケージに混じって、ソマリを審査用ケージに入れておいた人がいました。それを発見した審査員が感嘆の声をあげ、長毛種のアビシニアンを注文したことから、ソマリの育成が始まったと言われています。今では、これまでに行われてきた遺伝子解析の結果や、繁殖家の経験から、ソマリが生まれたのは異種交配ではなく、突然変異だったことがわかっています。ソマリは現在では、世界中で知られるようになり、人気のある猫となっています。
気をつけたい病気
重症筋無力症、巨大食道症、嚥下障害、慢性腎不全、皮膚疾患、尿路結石

我が家のワンちゃん・ネコちゃんの情報を投稿する


※投稿にはお時間がかかります。あらかじめご了承下さい。